ヨーグルトの種類

現在市販されているヨーグルトの数は非常に多い、正直どれを買うべきかと迷うことは頻繁にある。個人的に昔から馴染みあるものといえば、『明治ブルガリアヨーグルト』をよく購入している。実際市場を見渡してもブルガリアヨーグルトを中心として、森永や雪印、さらにはヤクルトといった乳製品を主力商材として扱っている食品メーカーが多く参入している。

ここまで来るとどこで見極めれば良いのかとなったら、ぶっちゃければどれを選ぶかはその人の好みによるところが大きい。その人が昔からこの製品を愛しているなら、そのまま購入し続けてもなんら問題ありません。雪印が以前起こした食品偽装などの不祥事が起こらない限り、極端に心配する必要はないのです。

でも効果は違っているだろうと思うかもしれませんが、それも無問題と言える話題だ。

健康食品について

ヨーグルトの効果

ヨーグルトを食べることでもたらされる効果といえば、代表的なのは整腸効果です。これも厳密に言えば乳酸菌を摂取してというわけではないものの、実際に代謝促進による腸管免疫系を活性化してくれる役割を担っているので、効果は期待できます。この効果についてはどんなヨーグルトにも期待できる、特保を指定を受けたものであれば信じるに値するものだ。またそれ以外にもヨーグルトを食べたら期待できる作用がある。それもまた製品が違うから得られないという心配もない。

期待できる効果作用

  • ニキビなどの肌荒れを改善
  • 骨を強くする
  • 筋肉のもとになる
  • 生活習慣病予防
  • 精神安定
  • 脂肪燃焼促進効果
  • ウィルス・細菌の免疫向上

メーカーが出した結論は

どれもヨーグルトを食べていれば得られる効果となっている。製品ごとによって表れ方は違えどそれなりに効果は期待できます。ですがこれでは業界としても同じ効果があるならどれでも良いと、ヨーグルトなんてなんでも良いんだといったような意見になることだけはまずい。

その結果、メーカーごとに自社で販売しているヨーグルトは特に、この効果が一番期待できるという一芸特化といった特徴をもたせる事になった。その甲斐あって、うまい具合にメーカーごとに区分がつけやすくなり、どれを購入しようと迷っている人には良い道標にもなっていた。どこのメーカーの商品はどの効果に特化しているのか、簡単に紹介していこう。

メーカーごとの違い
名称 効果
明治ブルガリアヨーグルト 美肌効果
明治ヨーグルト R-1 免疫力改善
明治プロビオヨーグルト ピロリ菌の減少
ダノン ビオヨーグルト 整腸効果
メグミルク ナチュレ恵 内臓脂肪・皮下脂肪の低減効果
恵 megumi ビフィズス菌SP株カプセルヨーグルト 腸内環境の改善
フジッコ カスピ海ヨーグルト 血糖値上昇の緩和
森永ビヒダスヨーグルト 花粉症を緩和する
グリコ 朝食Bifix 腸内のビフィズス菌の数を増やす
欲しい物がすぐに選べる

ヨーグルトに期待できる効果の多さも商品としての利点になりますが、上記に紹介したようにメーカーごとの特徴を考慮すれば、時分が整腸効果だけでなく、他にもこういう効果が期待できるなら良いという希望を元に選んでいくと良い。ヨーグルトは実際ダイエット食品として活用している人も多いので、選び方をきちんとしていれば身体の内側も外側もリフレッシュ出来るかもしれません。無論本人が努力しないかぎりそんな夢は実現しないので、努力的な意思を持ち続けることが大事なことです。

体に良いものが好きな方へ

エアコンクリーニングって?エアコン 工事 低価格で可能です!

ケフィアヨーグルトと比べると

こうした点を考えるとケフィアヨーグルトの方が安上がりで便利ではないのかと思うかもしれません。海外でもケフィアヨーグルトは健康食品として扱われているので、目的意識で利用している人も非常に多い。コスト的な面もそうだが、手軽に入手できる、あるいは自分で作る手間などを考えたら買ったほうが断然良いという人には、市販のヨーグルトで十分だと言い切れる。